top of page

ホテル取引マーケットの最新動向報告

ホテル取引マーケットの最新動向報告 訪日客の増加により、ホテル事業は回復傾向。ホテル取引も2019年の水準まで回復基調

・訪日客が徐々に増加している点と国内需要の回復により、ホテル事業は収益面で回復傾向。

・鉄道会社の資産処分や新型コロナ関連融資返済を機に更にホテルの売却が進む可能性がある。

・海外の不動産投資ファンドやPEファンドと国内REITがホテルに対する投資を拡大している。

・ホテル取引の市場規模が2019年の水準まで回復する可能性がある。

・ホテル投資に対する融資が抑制されている点や、従業員の充足不足からホテル事業の収益が伸び悩む懸念もある。




コメント


bottom of page